JANS Clinics 日本臨床脳神経外科協会
jansclinics.com
 


TOP PAGE
学会のご案内
協会について
保健医療委員会
診療所部会
News Letter
入会案内
 
お問い合せ
jansclinics@mx8.tiki.ne.jp







 第7回日本病院脳神経外科学会を平成16年7月17日(土)、18日(日)東京八王子にて開催させて頂くことになりました。
 本学会は“より良い脳神経外科医療とは何か、どうしたら患者さんにより満足してもらえるのか”を学術と実務の両面から、職種を超えて学びあい、さらには社会に向かって提言する場として設立されました。第7回大会開催にあたり、私どもは初心に立ち返り、参加者が明日の臨床に役立ち、本来医療者が持っている向上心がより一層掻き立てられるような内容となることを目指して、種々の企画を組み立てました。
 招待講演も、自分達の将来を照らすであろう最先端技術から、手術や呼吸ケアの教育講演、訴訟や防犯などのリスク管理、品質管理とは何かを改めて自覚できる超一流の企業ノウハウ公開まで、必要にして興味深いラインナップと自負しております。
 さらに若い脳神経外科医療従事者の探求心向上を願ったコンテストや、楽しい療養の場を市民と共に考えるファッションショーなど、新しい企画もご用意いたしました。一般演題も、表面的な発表に終わることなく、職種を越えて議論と理解を深められるよう、分類や進行に工夫を凝らしております。
 どうか皆様、本格的な夏を迎えるその前に、本大会で知識と気力の充実をはかるべく、目から 鱗の話題に触れ、熱い議論を戦わせるために、東京は八王子までふるってお出かけください。翌日は祝日(海の日)のため、遠方からもご出席しやすい日程です。スタッフ一同、心よりご参加お待ち申し上げます。
                
                                   医療法人社団北原脳神経外科病院
                                        理事長 北原 茂実

■招待講演  
『画像診断の今後−より速く、より細かく、より正確に』 G横河メディカルシステム株式会社
画像応用技術センター所長 永澤清氏
『パワージャケット「HAL」』 筑波大学 機能工学系教授
 山海 嘉之氏
『幹細胞と中枢神経系の再生医学』 慶應義塾大学医学部生理学教授
 岡野栄之氏
『アルツハイマー型痴呆治療の最前線と塩酸メマンチン』 日本医科大学第二病院内科助教授
 北村 伸氏
『高磁場領域のMRイメージング』 新潟大学統合脳機能研究センター長
 中田 力氏
『失敗から学ぶ脳神経外科手術』 旭川赤十字病院脳神経外科部長 
 上山博康氏
『褥創(瘡)治療の新たな可能性―ラップ療法』 相澤病院 総合診療部統括医長
 鳥谷部俊一氏

■ランチョンセミナー  
『知能機械情報学で展開するMRI誘導ロボット手術 』 東京大学大学院情報理工学系研究科
 波多伸彦氏
『脳梗塞の再発予防戦略―最近の動向―』 慶應義塾大学医学部内科学
 田中耕太郎氏

■特別講演  
『異業種に学ぶ − 良い物を安くタイムリーに !! これは
業種を超えて重要なC.S.の原点。物や情報の停滞する
所には必ず問題がある。そして改善のヒントがある !!』
 
トヨタ自動車技監
  林南八氏
『異業種に学ぶ− ベネッセの顧客ニーズの考え方・
捉え方と人事制度』
 
ベネッセコーポレション人財部部長代理
  川口公高氏
『病院をとりまく犯罪・リスクとその対策』 日本防犯設備協会 
 鈴木専務理事
『賠償責任保険からみた医療事故・紛争』 株式会社損害保険ジャパン本店SC部
 調査役 工藤 純氏
  
■教育講演  
『脳神経外科領域における呼吸ケア』 昭和大学保健医療学部理学療法学科
 助教授 宮川哲夫氏
株式会社サニーケアサービス取締役
 松澤達也氏
  


   


 保険委員会では、会員から要望を受け付け、脳神経外科に関する保険点数の改訂、新設を、主に外保連を通じて厚生労働省に働きかけることを目的で活動を行っております。
 
  2004年度の改訂では頚部脳動脈の経皮ステント留置術、定位的脳内血腫除去術、頭蓋内神経内視鏡下手術の新設と 頸動脈血栓内膜摘出術、経鼻的下垂体腫瘍摘出術、脳血管手術( 頭蓋内脳血管塞栓術、 動脈瘤内塞栓術)の点数改正について、外保連を通じて厚生労働省に要望書を提出しました。

  外保連(外科系学会社会保険委員会連合)は、「社会保険診療における手術料を日進月歩の医学、医療に即応した、学術的な根拠にもとづいて、一貫性のある算定方式により適正な診療報酬をもとめたい」という基本的な理念のもとに、学術的な研究を行うこと目的として、1967年に9つの外科系主要学会の社会保険委員会の委員が集まって設立されました。現在64の学会が所属しています。手術技術の評価が適切に組み込まれるように手術報酬の合理的な原価計算を試みています。計算の基礎となるのは、手術の技術度、手術直接協力者数(手術助手・看護師・技師)、手術所要時間の3つの要素です。これら3つの要素から、手術にかかわる人件費の算出が可能となります。人件費のほかにも、手術中の医療材料の費用や手術時に使用する機器の経費も必要であり、これらを調査して、外保連試案(手術:第5版、検査:第2版、処置:第2版)として公表し、診療報酬改正の参考資料として厚生労働省に提示しています。
 
 平成16年度の診療報酬改定にあたっては、厚生労働省はこの外保連試案の書式を原型とし、さらにいくつかの情報を加味することで、その評価に利用しました。2004年度の改定率は診療報酬本体が±0%であったことから大幅改定とはならず、医療の安全・質の確保の観点から小児・精神医療などの重点評価にとどまり、診療側が完全撤廃を求めた手術の施設基準は「暫定的な見直し」となりました。

 本年度、外保連では外保連試案の信頼性を確認するために、「手術の難易度と時間に係る調査」を傘下の学会に依頼して実施します。施設基準の撤回・見直しを求めて、日本における「手術件数とアウトカムの関係に関する調査」をスタートさせます。また従来通り「新・既存医療技術の評価・再評価」も外保連手術委員会が中心となり企画・推進します。

 平成16年5月30日の「日本の医療がめざすべき姿」と題して講演で、坂口力厚生労働相は今後の診療報酬改定について、コスト、時間、疾病予防など明確な基準を設けて透明性の高い診療報酬改定を目指すべきとの見解を示しています。これからの診療報酬改定はエビデンスを踏まえた議論をもとにして、医療技術が適正に評価されることが重要になるため、外科系の手術・処置に関する外保連試案がますます重要になると考えます。

  当保険委員会としては手術・検査・処置の各委員会での点数の改訂と新設にたずさわってきました。今後も継続して試案の点数の修正や新設に対応していきます。

                               日本病院脳神経外科協会保険医療委員会
                                       委員長 北原茂実






Copy right 2003 The Japan Association of Neurosurgical Clinics ALL Rights Reserved
 

Back Number
協会が発行するニュースレターのバックナンバーを見ることができます。

NO.29
NO.28
NO.27
NO.26
NO.25
NO.24
NO.23
NO.22
NO.21
NO.20
NO.19
NO.18
NO.17
NO.16
NO.15
NO.14
NO.13
NO.12
NO.11
NO.10
NO.9
NO.8
NO.7
NO.6
NO.5
NO.4
NO.3
NO.2
NO.1